医師にとって転科するのは一大決心が必要です。
その決心をするだけにたる、メリットはあるのでしょうか。
また逆に転科することのデメリットには何があるのか、この2つをしっかりと確認しておく必要があります。

ここでは医師が転科するメリットとデメリットを、それぞれ解説していきましょう。

医師にとって自らが専門とする診療科目は、研修医の時代に選択するものです。
そして一般的には医師を続ける限りは、研修医時代に選択した診療科に在籍することになるでしょう。
そのため未知となる診療科目へと転科するには、大きな勇気が必要となってきます。

そこで最初にメリットを確認しましょう。
転科をするメリットは環境を大きく変えられる点です。

勤務する職場によっては、人間関係などが合わないこともあります。
そうした時に転科するのは1つの選択肢になります。

もちろん転科せずに、勤務先を変えることもいいでしょう。
ただ勤務していた系列の病院には行けないなど、転職先の選択肢が狭まることもあります。
そのため思いきって、環境を変えられる転科を選ぶ人も多いです。

もう1つワークライフバランスを変えたくて、転科する医師も少なくありません。

特に手術が主な業務となる診療科目では労働環境が厳しく、ろくに休みやプライベートの時間がとれません。
そこで労働環境を変えるという意味で、転科する医師もいるのです。
特に人気が高いのは美容外科でしょう。

反対に転科することのデメリットも確認します。
転科することで最も大きなデメリットは、キャリアが途絶えてしまうことでしょう。
特に自分のキャリアアップのために頑張ってきた、という医師にとってはつらい選択になる可能性が高いです。

また前職の経験が生かせない場合は、年収が一時的に下がってしまうこともあります。

またまったく経験がない診療科目に転科するのであれば、すべての知識をゼロから勉強しなくてはいけません。
それは研修医時代に行ったのと、同様のことだと言えるでしょう。
この時に自分の指導医になるのが、年下の医師かもしれません。
こうした点に我慢できるのであれば、転科するのも1つの方法です。

つまり転科するのなら、できるだけ早いほうがいいでしょう。
ただ美容外科では未経験の医師でも、転科しやすい環境が整っているため人気があります。

医師が転科することのメリットとデメリットについてでした。
メリットとしては労働環境や、就労環境を一気に変えられる点です。
ワークライフバランスを重視する人にとっても、おすすめできます。
反対にデメリットになるのが、ゼロから勉強をすることになり、キャリアも積み上げていく必要がある点です。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。